トップ

振袖を綺麗に着るために

なぜ振袖は着崩れるのか?

着崩れの原因は主に3つ

成人式には華やかな振袖を着てお祝いをしたいですね。しかし、普段から着物を着慣れている方は少ないはず。着物を着るとなると心配なのは途中で着崩れてしまうことですね。より安心して振袖を楽しめるように着崩れの直し方を覚えて、振袖を楽しみましょう。振袖を検討中ならこちらを読んでみてください。

振袖を着て、途中で着崩れてしまう原因は主に3つあります。まず一つ目は補正が十分でないということです。洋服はダーツをとって縫い上げることで立体的に仕上げられており、体に自然にフィットするものです。しかし着物は反物を平らなまま縫い合わせて作られており、そのままでは体の凹凸にフィットせず、シワができて着崩れの原因となってしまうのです。途中で着物が着崩れないためには、ウエスト部分にタオルを巻いたりして体全体の凹凸をなだらかにして、帯を締めた時に安定するように着付けなくてはなりません。

二つ目には、腰ひもの結び方が弱いということが原因です。腰ひもは着物を美しく着るかなめともいえるものです。腰ひもをしっかり締めてから結んでいないと、着物の裾が緩みやすくなり、歩いたりして動くたびに徐々に長くなってきてしまうのです。さらに、落ちてきた裾を自分で踏みつけたりすると、着崩れがさらにひどくなってしまいます。

三つ目は、歩き方などの体の動きが着物を着ているのにふさわしい動きでないということもあります。デニムなどの普段の服装の時のままの動きでは、着物は着崩れてしまいます。たとえば、歩幅が大きいのは良くないですし、腕を大きく動かし過ぎるのもよくありません。

着物は洋服と違ってボタンなどは付いていません。複数の紐で締めることで着付けているので、体の動きが大きければ、どんどんずれていってしまうのは仕方ありません。着物になれた人や時代劇などを見ると、着物姿の女性は小さな動作で小股に歩いていますね。